校長挨拶


チーム豊浦! 文武両道への挑戦!!
~ホップ・ステップ・ジャンプ~

山口県立豊浦高等学校
校長 友澤 邦昭

 本校は、長府毛利藩の藩校 敬業館(けいぎょうかん)の流れをくみ、明治32年(1899年)に第1回卒業生を輩出した、110年を超える県内有数の歴史と伝統を誇る学校です。
 本校の教育目標は「文武一徳」の人づくりです。この教育目標の下、長きに渡り多くの先輩方が奮闘努力されてきました。
 今年度は、「チーム豊浦!文武両道への挑戦!!」~ホップ・ステップ・ジャンプ~を基本姿勢とし、重点を置いて取り組む目標は、「社会人となる基本マナーを身につけさせる」「第一志望に合格させる」「部活動は文武両道が実践できる環境をつくり、さらなる高みを目指す」「情報を共有し、情報を発信し、連携を深める」としました。
 今年度から、コミュニティ・スクール(学校運営協議会)を導入し、山口大学・山口県立大学・山陽小野田市立山口東京理科大学・下関市立大学・水産大学校等と連携し、進路指導の更なる充実に取り組んでいきます。
 校歌練習を含めた応援指導、豊高祭、体育大会、集団宿泊指導、強歩大会、部活動対抗駅伝大会、耐寒訓練などの学校行事を実施し、豊かな人間性を育む場を提供し、部活動は原則週1日の休養日を入れながら全国大会、アジア大会、オリンピック出場など更なる高みを目指します。その中で、「授業を中心」にしつつ、「豊高チャレンジタイム」「チャレンジセミナー」など計画的で組織的な進路指導を行い、生徒の第一志望に合格させる取組を行っていきます。
 男女共学になって15年目になります。同窓会、PTA、地域等の協力を得ながら、伝統を重んじつつ、新しい風を吹かせ「チーム豊浦!」で重点目標達成に奮闘努力していきます。